平成29年度貸切バス適正化事業に係る負担金の額が決定

行政書士の阪本です。

さて、一般貸切旅客自動車運送事業への監査機能の強化と自主的改善の促進に向けて、適正化事業実施機関が巡回指導を行うことになりましたが、それに伴ってそれぞれの貸切バス旅客事業者さんが負担する平成29年度の負担金の額が公表されました。

負担金の額(平成29年度、関東貸切バス適正化センター内に営業所がある場合)

  1. 1両あたり1か年:6,650円
  2. 1営業所あたり1か年:44,740円

平成29年度の負担金は平成29年6月1日現在の貸切バス車両数及び営業所数をもって、1か年分の負担金の額を算出することになります。

例えば、東京都内に営業所のある貸切バス事業者さんの場合、その営業所に車両が15両あるケースでの負担金の額は次のとおりになります。

6,650円×15両 66,500円
44,750円×1営業所 44,750円
平成29年度負担金 111,250円

負担金の納付は、一括で納付することになります。分割での納付はすることができません。

バス協会の会員事業者の場合は?

各都県のバス協会の会員である営業所及びその営業所に配置されている貸切バス車両は、負担金の算出及び請求の対象外になります。

これは、各都県のバス協会が、関東貸切バス適正化センターが実施する巡回指導を担当するためです。バス協会の会費に適正化事業の負担金が含まれていると、理解すればわかりやすいでしょう。

blog_banner
The following two tabs change content below.

行政書士 阪本 浩毅

トラバス代表理事。行政書士開業後、個人事務所時代から一貫して、運輸と観光専門の行政書士として、数多くのトラック運送会社の許認可に関与してきた経験を持つ。 現在も行政書士法人シグマの代表として、運輸と観光の許認可の専門家として活動している。