運行管理者試験(旅客)の雑感

image

弁護士の橋本です。

平成30年8月26日実施の運行管理者試験(旅客)を受験してきましたので,雑感を述べます。

試験対策

今回の対策として,過去問を6回分(3年分)ほど検討していましたが,それと比べても大きな変化はなく,今年もおおむね基本的な内容が出題されたという感じです。

どうしても判断しきれない問題も2問ほどありましたが,過去問で出ていた記憶がない知識,あるいは出ていても1回程度だった知識は,ある程度捨ててしまって,常識で回答するようにしました(たいていはそれでも当たります)。

過去問で出ていない知識は,対策の段階からテキストでも斜め読みしていましたが,逆に過去問で出ているところは,細かいところでも注意して暗記するようにしていました。

暗記のポイント

たとえば,数字です。

信じがたいことですが(プロになりたいなら覚えないといけないということなのかもしれませんが),2.5メートルを2.6メートルとしたり,3.8メートルを3.9メートルとしたりしてそれを間違いの選択肢としている問題もあるので,こうした出題が過去にあった数字は,一見馬鹿馬鹿しくても,暗記しなければなりません。

とはいえ,もとより満点を狙う試験ではありませんので,細かい部分を気にしすぎて嫌にならないようにということだけは,ぜひご注意ください。

いろいろなテキストが販売されていますが,過去問こそが唯一最大の尺度ですので,テキストを丸おぼえするようなことは避けましょう。テキストをざっと1時間くらい眺めたら,すぐ過去問の練習に入ったほうが良いと思います。

2択を目指そう

とにかくこの手の試験は,選択肢を2択まで絞れるようになれば,正解できるようになって,問題演習が面白くなっていき,そこから加速度的に合格に近づいていきます。

ですから,過去問で毎回出ている選択肢と引っ掛けのパターンを覚えて,まずは2択まで絞れるようにするとよいと思います。

過去問は,3年分でもなんとかなりますが,同じことを繰り返して聞いていることをもっと実感するためには,手に入るだけの問題を,2周くらい解いておくのが理想です。

1時間半の試験ですが,慣れてくるとその半分程度の時間で解き終わるようになりますので,たとえば午後8時くらいに家に帰って一息ついたところで始めても,9時までには終わります。

時間切れ対策

試験にあまり慣れない方は,1時間半でも時間切れになって最後の方の問題文を十分に読むことができないということも多いようなのですが,私は,練習段階からじっくり解きすぎて,その感覚から抜け出られないのが原因ではないかと思っています。

1問に使える時間は3分くらいしかなく,最後のほうの計算問題などに少し多めに時間を割くことを考えると,知識問題には2分程度しか使えません。この時間感覚を,練習のときから身に着けられるかどうかだと思います。

問題演習のときは,1問1問じっくり考えていても仕方ないので,間違ってもよいつもりで思い切って2分で割り切って解き,答え合わせをしながら答えを覚えていくつもりで取り組んではいかがでしょうか。

先ほどは,テキストを読むのに時間を割きすぎるべきでないと述べましたが,問題演習も同様に,時間をかけすぎないほうがいいと思います。むしろ,そのようにじっくり解く時間があるなら,間違えた問題を2周,3周と回すべきですね。

まとめ

以上のとおり,苦手意識のある方は,ぜひ過去問を解きまくって自信をつけて下さい。直近の過去問だけに限っても,そこで出ていない問題はせいぜい2~3問しか出ません。

運行管理者試験についてお悩みの方は,ぜひトラバスまでご連絡ください。

blog_banner_mail blog_banner
The following two tabs change content below.
弁護士 橋本 信行

弁護士 橋本 信行

平成25年1月に弁護士登録し,弁護士法人常磐法律事務所において勤務を開始し,現在に至る。 交通事故関連事件を多く手掛けてきたことから,運送業のお客様と関わる機会に恵まれた。お客様の業務内容について丁寧に聞き取ることを心掛けてきたため,運送業については他の弁護士以上に把握していると自負している。
弁護士 橋本 信行

最新記事 by 弁護士 橋本 信行 (全て見る)