一般社団法人運輸安全総研トラバス

トラバスに所属している専門家

代表理事:阪本浩毅(行政書士)

profile_sakamoto

大学を卒業後、大手旅行会社に就職。修学旅行などの教育旅行の企画・営業に従事。

旅行会社在職中にコンプライアンスの重要性に気づき、法律家を目指すために退職。退職後は、都内の司法書士法人・行政書士法人にて、企業法務に従事する。

行政書士開業後、個人事務所時代から一貫して、運輸業と観光業専門の行政書士として、数多くの一般貨物自動車運送事業・一般貸切旅客自動車運送事業などの自動車運送事業に関する許認可に関与してきた経験を持つ。

現在も行政書士法人シグマの代表として、運輸業と観光業の許認可の専門家として活動している。

理事:志田淳(社会保険労務士)

profile_shida

大学を卒業後、大手ドラッグストアに就職。店長職を含め7年勤務後、社会保険労務士事務所に転職。

都内大手社会保険労務士法人で企業の労務相談、就業規則・各種規定の作成、指導、実務書の監修、労働保険・社会保険手続き、給与計算業務に携わる。その後、独立開業。

現在は、特に中小企業のための「リスクヘッジ型就業規則」コンサルティングと「社内のルール作り」「長時間労働対策」に力を入れている。また「企業はヒト」、「人材の定着には組織風土の活性化は欠かせない」という考えからユニークな企業内研修も実施。併せて民間企業、役所、商工会議所、法人会において労務管理セミナーの講師も務めている。

 

監事:森田範文(税理士)

profile_morita

東京都内の税理士事務所勤務を経て、独自の方法で中小企業の支援がしたいと思い独立開業。

運送会社の置かれた状況は値下げ競争など依然として大変厳しい状況にあるため、会社の財務状態を正しく管理し改善をすることにより会社を守ることが出来ると考えております。

また、毎年のように税制改正が行われ、かつ、複雑になっていますが、専門用語はできるだけ使わずに分かりやすく説明することをモットーとしております。

理事:内藤晋一(危機管理コンサルタント、社会保険労務士、行政書士)

profile_naitou

警視庁巡査を拝命してから警視庁警部補を依願退職在職までの約17年間の内、約10年を本部刑事(捜査第三課)、約5年を所轄署刑事として従事。

この間、空き巣や金庫破りなどの建物に侵入して敢行するいわゆるプロの泥棒を数十人検挙。

警部補で警視庁本部に所属した際は、自ら捜査本部を陣頭指揮し、窃盗犯の割り出しから行動確認、証拠収集、令状請求、逮捕、取調べにあたり、侵入窃盗犯罪に精通するに至る。

現在は、社労士業務、行政書士業務のほか、併設事務所office FGSSの代表として防犯コンサルティングを実施。

危機管理を含んだ総合的支援をモットーとしており、即時、ベストな提案と対応ができる頼れる専門家として活動している。

理事:橋本信行(弁護士)

平成25年1月に弁護士登録し,弁護士法人常磐法律事務所において勤務を開始し,現在に至る。

交通事故関連事件を多く手掛けてきたことから,運送業のお客様と関わる機会に恵まれた。お客様の業務内容について丁寧に聞き取ることを心掛けてきたため,運送業については他の弁護士以上に把握していると自負している。

こうして面識を得たお客様からは,その後,交通事故以外にも労務相談,契約に関するご相談,さらには,会社の業務に限らず,相続のご相談なども数多く頂き,その度に,事務所のメンバーと力を合わせながら事件を解決してきた。

同じ事件は二つとして存在しないので,弁護士の仕事は常に依頼者のためのオーダーメイドである,というのが,常磐法律事務所のモットーであり,自身のそれでもある。

これからは,トラバス所属の各種専門家の先生方と共に,より一層,運送業の皆様のお役に立ちたいと考えている。

ブログの更新をチェック