ホワイト経営認証の「一つ星」を取得できない事業者

行政書士の阪本です。

2020年3月末までに申請の受付が開始されると言われている自動車運送事業のホワイト経営認証。この認証制度の正式名称は運転者職場環境良好度認証制度となっており、認証申請の受付・審査は、一般財団法人日本海事協会さんが担当されることになっています。

本記事を執筆している2020年2月2日時点では、認証申請のガイドライン・手引き、申請様式などは公表されておらず、今後、日本海事協会さんの運営委員会での審議を経て決定・公表となります。公表は日本海事協会さんが運営されている運転者職場環境良好認証制度の専門サイト上で行われます。

本認証制度に興味のある事業者さんは、こちらのホームページをブックマークに登録しておくことをおすすめいたします。

認証を取得できない自動車運送事業者もいます

具体的な認証申請方法は日本海事協会さんからの公表を待たざるえないのですが、この認証取得は全ての自動車運送事業者さんが出来るわけではありません。

以下のいずれかに一つでも該当する場合は、認証の最低ランクである「一つ星」ですら取得することができません。

審査手数料を支払わないとき

ホワイト経営認証申請は、申請者となる自動車運送事業者さんが申請費用を負担します。申請費用は申請時に支払う審査料と審査後に支払う登録料の二本立てになっております。

オンラインで申請(電子申請)した場合の費用は、次のようになるようです。

審査料(書面審査・対面審査)

30,000円(税別)

※複数の営業所を申請対象とする場合は、本社を除く営業所数に3,000円(税別)を加算

登録料(審査結果作成・登録に要する費用)

60,000円(税別)

※複数の営業所を申請対象とする場合は、本社を除く営業所数に5,000円(税別)を加算

例えば、営業所が一か所しかない自動車運送事業者さんがオンライン申請をした場合、認証取得までに日本海事協会さんに支払う手数料は次の金額になります。

審査料 30,000円(税抜)
登録料 60,000円(税抜)
合計 90,000円(税抜)

本社営業所が川崎市内に1か所、東京都内に東京営業所がある自動車運送事業者さんがオンライン申請した場合の支払手数料は次の金額になります。

審査料 33,000円(税抜)
登録料 65,000円(税抜)
合計 98,000円(税抜)

自動車運送事業の運輸開始から3年以上経過していないとき

運輸開始から3年未満の事業者さんは、認証を取得することができません。

運輸開始日は許可証には記載されておらず、営業所を管轄する運輸支局へ提出した運輸開始届出に記載されております。開業してから日が浅い事業者さんは、運輸開始届出を確認しましょう。

トラック運送事業の場合は運輸開始は許可日から1年以内、貸切バス事業の場合は許可日から6カ月以内となっていますので、一般的には、運輸開始日は許可日以降の日付になっています。従いまして、運輸開始日=許可日となるトラック運送事業者さん、貸切バス事業者さんはいらっしゃらないのではと思います。

許可取得日ではなく運輸開始日が起算日となりますのでご注意ください。

本会と事業者との間に、公平性への脅威となる、容認できない利害関係があることが判明したとき

あまりないと思いますが、認証審査を行う方が、認証申請者の役員や従業員を兼任している場合などが該当するのではと思われます。

事業者による重大な法令違反など、社会的に理解が得られない事業活動実績が確認されたとき

認証基準の必須項目の条件は満たしているが、社会的に影響のある重大な法令違反を犯している自動車運送事業者さんが該当するのではと思われます。

事業者が故意の虚偽説明を行っていた事実が判明したとき

審査は原則書面審査で行われますが、やっていないことをやっていたこととして疎明書類を偽造する行為や、対面審査に選定された場合はその対面審査時に、虚偽の説明をしたときが該当するかと思います。

認証基準を満たしていない場合

ホワイト経営認証の認証は、次の2つをクリアーしていることが求められます。

  • 認証段階毎に定める必須項目の全てを満たしている
  • 加点項目の合計点数が認証段階毎に定める基準点を満たしている

そもそも、認証項目は、次の6つに分類されています。

  1. 法令遵守等
  2. 労働時間・休日
  3. 心身の健康
  4. 安心・安定
  5. 多様な人材の確保・育成
  6. 自主性・先進性等

認証項目は必須項目と加点項目と分類されており、その分類は、国土交通省の見える化検討会において決定されたがあります。そちらをご参照ください。

認証項目一覧表

そして、トラック運送事業者さん、貸切バス事業者さんが「一つ星」を取得する際の点数(認証基準)は次の通りです。

トラック運送事業者

一つ星(☆)
必須項目数 22
加点項目数 61
基準点数 53点以上

貸切バス事業者

一つ星(☆)
必須項目数 22
加点項目数 58
基準点数 52点以上

今できる準備とは?

具体的に申請準備を進めるためには、認証団体である日本海事協会さんからのガイドラインや申請様式の公表を待たざるえません。

とはいえ、公表される前でも、できる準備があります。それは、必須項目を満たしているのかの確認や、加点項目ではどの項目の点数を積算していくのかといった検討がそれです。

私が所属している運輸安全総研トラバスでは、トラック運送事業者さん、貸切バス事業者を対象に、ホワイト経営認証取得のためのコンサルティングサービスを提供しております。

トラバスのコンサルティングサービスに興味がある事業者様は、まずは、お問い合わせください。

blog_banner_mail blog_banner
コメントの入力は終了しました。