一般社団法人運輸安全総研トラバス

運輸安全総研トラバス所属の行政書士、阪本です。 最近、営業所や車庫まわりの防犯対策を検討されている運送会社さん・貸切バス事業者さんが増えてきています。 従業員が運転日報や顧客情報を持ち出していたという事案や、車庫に釘がばら撒かれていたいう事案を、事業者さんから報告を受けています。防犯対策は、泥棒対策もそうですが、業務上横領や情報の持ち出しといった、『犯罪の起きない』職場づくりのためにも、大変重要に…

»…の続きを読む

image 危機管理コンサルタント、社会保険労務士、行政書士の内藤です。 この数年、トラックのバッテリー盗難が増えて来ましたね。聞いたことがある方も少なくないでしょう。 「バッテリーなんて盗む奴いるのかよ?」という他人事では済みませんね。盗まれたらどうなるのか、ちょっと想像してみましょう。 もしバッテリー盗難に遭ったら? 朝、出勤する。 今日は、Aさんの所で荷物積んで、Bさん、Cさん、Dさんのところで下ろして…

»…の続きを読む

危機管理コンサルタント、社会保険労務士、行政書士の内藤です。 表札の落書きは泥棒が書いているという都市伝説を聞いたことはあるでしょうか。 どこかで聞いたことがあるという方も多いと思われますが、表札の下などに小さく書かれた暗号のようなもので、部屋番号など書かれたアルミの部分に、「9〜15◯」とか、「1F」とか鉛筆で書かれているような落書きのことです。 気になった方は自宅の表札周りを確認してみましょう…

»…の続きを読む

危機管理コンサルタント、社会保険労務士、行政書士の内藤です。 実は2階というのは意外と空き巣に入られやすいです。 1階が危険なのはもちろんなのですが、2階が狙われることもよくあります。 では、なぜ2階が危険なのか。 それは油断です。その油断を泥棒は狙っているというわけです。 2階なので鍵をかけなくても侵入されることは無いと考える方も多いのですが、実は2階以上から侵入する泥棒は意外と多かったりします…

»…の続きを読む

危機管理コンサルタント・社会保険労務士、行政書士の内藤です。 突然ですが、なぜ空き巣は夕方に入るのでしょうか。 「なぜって言われも、そうなんですか?」という反応が普通ですね。 窃盗犯の手口 イメージしやすいように、まずは、泥棒Aさんの仕事風景を追いかけてみましょう。 Aさんは定宿のサウナを出ると、おもむろに最寄りの駅から電車へ。 車窓を眺めていると、好みの街並みが流れ始める。次の駅で降りることを決…

»…の続きを読む

Facebookページ