一般社団法人運輸安全総研トラバス

中国人女優の范冰冰(ファンビンビン)さんの脱税が話題になっていますが、23億円ほどの脱税に対し今回納付することになる税金が144億円と言われています。 脱税額に対して納付額が6倍ほどになっていて、脱税に対する罰金が中国では厳しいようなので多額になっていますが、日本でも中国ほどではありませんが税金を納めなかった場合等について罰金にあたるものが有りますのでご紹介します。 1.無申告加算税 申告書を申告…

»…の続きを読む

税理士の森田です。 今回は、従業員の給料を増やした場合に税額控除が受けられる所得拡大促進税制が改正されましたので改正点などを解説します。 中小企業者・個人事業者にとっては条件が緩和され、税額控除額の割合も大きくなったので是非活用して下さい。 所得拡大促進税制の改正は、以下の注意点が有りますのでご留意下さい。 青色申告の法人又は個人事業主が対象になります。 設立1期目は適用出来ません。 法人は、平成…

»…の続きを読む

image   税理士の森田です。 交通事故を起こした場合の税金の取り扱い 法人の役員・使用人(ドライバー・社員等)が起こした交通事故について、法人が支出した損害賠償金等についての税金の取り扱いは、以下の通りになります。 その損害賠償金等を支払うこととなった交通事故が業務中で、その交通事故が故意又は重過失によるものでない場合には法人の費用(損金)に出来ます。 その損害賠償金等を支払うこととなった交通…

»…の続きを読む

税理士の森田です。 今回は、運送会社が役員・社員に大型運転免許を取得させるために、取得のための教習所等の費用を会社で負担した場合の税務上の取り扱いはどのようになるのかをお伝えします。 所得税関係 運送会社において役員・社員に大型運転免許を取得させることが業務遂行上必要なものである場合には、取得費用は給与として支給されますが、取得費用に関しては所得税を課税しないこととされています。 「業務遂行上必要…

»…の続きを読む

税理士の森田です。 これまでの3回に引き続き、福利厚生費の具体例をご紹介します。 福利厚生費のポイントと具体例:その1 福利厚生費のポイントと具体例:その2 福利厚生費のポイントと具体例:その3 具体例 食事代の補助 役員や従業員に食事を支給する場合で、次の要件を両方満たせば福利厚生費とすることが出来ます。 役員や従業員が食事の金額の半額以上を負担していること 食事の会社負担額(食事の金額から役員…

»…の続きを読む

税理士の森田です。 前々回・前回に引き続き、福利厚生費の具体例をご紹介します。 福利厚生費のポイントと具体例:その1 福利厚生費のポイントと具体例:その2 具体例 社宅 社宅に関する家賃の福利厚生については、従業員と役員とでは取り扱いが違うので注意が必要になります。 従業員の場合の取り扱い 従業員に会社の社宅を提供した場合の賃料が、賃貸料相当額の50%以上の金額を家賃として従業員から受け取っている…

»…の続きを読む

前回の「福利厚生費のポイントと具体例:その1」に引き続いて、今回も具体的な福利厚生費の事例をご紹介します。 具体例 健康診断費用 従業員や役員を対象とした健康診断や人間ドック・インフルエンザの予防接種の費用は福利厚生費として認められます。 ただし、全従業員・全役員が対象であること、全員分の費用を受業者が負担すること、支払は事業者が直接医療機関に支払うこと、高額でないこと等の条件が有ります。 インフ…

»…の続きを読む

福利厚生を充実させ従業員が働きやすい環境を整備することにより、従業員の離職を防ぎ、有能な新入社員も募集しやすくなります。 そのため、どのような福利厚生が税務上認められるのかを知る必要があります。 福利厚生費のポイント 福利厚生費とは、事業主が従業員を慰安のために支出する金額で全従業員が対象で常識の範囲内に行われるものを言います。 そのため事業主だけで行く社員旅行であったり、一部の従業員だけが受けら…

»…の続きを読む

本日も『トラバス』のブログへお越し頂きましてありがとうございます。 税理士の森田です。 トラックや貸切バスの運行中に運転者が交通違反をした場合、運転者自身がその罰金等を負担することが多いですが、もし事業者側で負担した場合は、法人税・消費税ではどのように取り扱われるのでしょうか? まず、交通違反で支払う罰金等には、違反に対する罰金と駐車違反をした場合のレッカー移動代等が有ります。 最近は駐車違反の取…

»…の続きを読む

本日もブログにお越し頂きましてありがとうございます。税理士の森田です。 さて、ガソリンや軽油を給油した場合の経理処理について注意して仕訳をして頂かないと、税務調査で指摘を受けるケースが良くあります。 ガソリンと軽油の消費税の違い ガソリンにはガソリン税、軽油には軽油引取税がかかっていますが、ガソリン税には消費税がかかる一方で、軽油引取税には消費税がかかりません。(販売店が特約店等でない場合は、軽油…

»…の続きを読む

Facebookページ