一般社団法人運輸安全総研トラバス

行政書士の阪本です。 一般貨物自動車運送事業者が、荷主より、適正な運賃・料金を収受できる環境整備のため、国土交通省では、標準貨物自動車運送約款や標準貨物軽自動車運送約款の一部改正の準備を進めています。 それに先立って、トラックドライバーの荷待ち時間、荷積み時間、荷卸し時間の実態を把握するともに、削減を図るために、乗務記録(運転日報)の記載事項を追加する貨物自動車運送事業安全規則の一部改正が行われま…

»…の続きを読む

本日も『トラバス』のブログにお越し頂きましてありがとうございます。 税理士の森田です。 原価計算は、売上を上げるためにどのような費用がいくらかかったのかを計算し、分析することを言います。 原価計算の具体的な計算方法 具体的には費用を売上金額に関係なくかかる「固定費」と、売上が上がれば上がるほど比例して増えるような「変動費」に分けます。 売上金額から変動費を引いた金額を「限界利益」と言い、限界利益は…

»…の続きを読む

本日も『トラバス』のブログにお越し頂きましてありがとうございます。 税理士の森田です。 今回は原価計算の必要性についてお伝えしたいと思います。 トラック運送事業様・貸切バス事業者様の置かれた状況は、価格競争の激化など厳しい状況が続いています。 原価計算の必要性 お客様との価格交渉において請求する運賃について、原価計算を行いそれを根拠にすることで、価格交渉が「根拠を提示しないお願い」から「根拠を提示…

»…の続きを読む

Facebookページ