一般社団法人運輸安全総研トラバス

最新記事

image トラバス所属の行政書士、阪本です。 日本最大級のドライバー専門求人サイトを運営されているドラEVERさん第3回ユーザー会へ参加させて頂きました。 運輸安全総研トラバスは、ドラEVERさんが発行されているニュースレターに寄稿しているというご縁がありまして参加させて頂くことができました。 2019年のPR戦略と今後の展望 ドラEVE…

»…の続きを読む

image 本日も『トラバス』のブログへお越し頂きましてありがとうございます。 社会保険労務士の志田です。 働き方改革関連法が2019年4月1日より施行されます。 残業時間の上限規制について、自動車運転業務は、猶予期間が設けられ、改正法施行5年後に、上限規制を適用することになっております。(ちなみに自動車運転業務は年間残業時間の上限が960…

»…の続きを読む

トラバス所属の行政書士、阪本です。 貸切バス事業者安全性評価認定(セーフティバス)の申請時期の4月が近づいてきていますので、申請準備を進められている貸切バス事業者さんも多いのではないでしょうか。 セーフティバスの認定 セーフティバスの認定を受けるためには、 安全性に対する取組状況 事故及び行政処分の状況 運輸安全マネジメント取組…

»…の続きを読む

神奈川県高速道路交通安全連絡協議会様より、「経営者事故防止研修会」での講師をご依頼頂きましたので、ご報告致します。 日時:平成30年12月4日(火)14時00分から15時30分まで 場所:神奈川県トラック総合会館7階 大研修室 内容:高速道路の交通安全について ~事故の分析と対策で、会社・運転手・家族を守る~ メイン講師:橋本信…

»…の続きを読む

image 行政書士の阪本です。 国土交通省は、平成30年10月19日に平成29年度のホイール・ボルト折損等による大型車の車輪脱落事故発生件数は67件(うち人身事故2件)で、前年度に比べ11件増加し、近年、同事故の発生件数が増加傾向にあると発表しました。 大型車の車輪脱落事故が増加!特に左後輪に注意! ~ 平成29年度大型車の車輪脱落事故発…

»…の続きを読む

image 運転者の健康状態が運転中に急速に悪化することにより発生する交通事故(健康起因事故)は一度発生すると重大な事故につながることが多いため、社会的に大きな注目を集めています。 健康起因事故の疾病例の内訳(平成24~28年 国土交通省) 過去5年間で健康起因事故を起こした運転者1046人のうち脳疾患が16%、心臓疾患が14%を占める。 …

»…の続きを読む

image 近年、大型自動車(車両総重量8トン以上のトラック又は乗車定員30人以上のバス)のホイール・ボトル折損等による車輪脱落事故が急増しています。 平成28年度の大型自動車(車両総重量8トン以上のトラック又は乗車定員30人以上のバス)のホイールボルト折損等による車輪脱落事故の発生件数は56件(うち人身事故は3件)で、前年度に比べ15件増…

»…の続きを読む

image 最近、運転者の意識喪失による健康起因事故が相次いで発生しています。 交通事故に結びつきやすい健康リスクはいくつかありますが、脳・心臓疾患発症の要因としては高血圧があげられます。 運転中の血圧の変化については、例えば時速30~40km程度の安全運転時でも、平均すると最高血圧が25mmHg上がり、時速60~80kmでスラローム運転を…

»…の続きを読む

中国人女優の范冰冰(ファンビンビン)さんの脱税が話題になっていますが、23億円ほどの脱税に対し今回納付することになる税金が144億円と言われています。 脱税額に対して納付額が6倍ほどになっていて、脱税に対する罰金が中国では厳しいようなので多額になっていますが、日本でも中国ほどではありませんが税金を納めなかった場合等について罰金に…

»…の続きを読む

弁護士の橋本です。 平成30年8月26日実施の運行管理者試験(旅客)を受験してきましたので,雑感を述べます。 試験対策 今回の対策として,過去問を6回分(3年分)ほど検討していましたが,それと比べても大きな変化はなく,今年もおおむね基本的な内容が出題されたという感じです。 どうしても判断しきれない問題も2問ほどありましたが,過去…

»…の続きを読む

Facebookページ