運転者職場環境良好度認証制度(ホワイト経営認証制度)について

こんにちは。社会保険労務士の志田です。

今回は採用活動にお悩みの運送会社様に、新しく創設される制度についてご紹介したいと思います。

採用困難な時代の背景にあるもの

「なかなか採用できない」

いま多くの運送会社が抱えている問題です。

その背景にあるのは、労働力人口(15歳から64歳の働くことができる人口数)が減少していること、さらに今後ますます減少していくこと、そして求人数が増加していること。

その結果、2019年8月時点でのドライバーの有効求人倍率は3倍を超えています。

これは「300人分のドライバー職を募集」しているが、「ドライバーの仕事を探しているのは100人しかいない」という状況です。

その100人の求職者から自社を選んでもらえなければ、「なかなか採用できない」という状況が続くわけです。

さらに求職者の情報力は10年前に比べて、各段に上がっています。

スマホが普及したことにより、だれでも簡単に企業情報を調べることができるようになりました。

求職者はできるだけ多くの企業から最適な職場を選びたいと考えているのです。

つまり、「なかなか採用できない」という状況から脱却するためには、「求職者から選ばれる運送会社」にならなければなりません。

では、どうすれば「求職者から選ばれる運送会社」となれるのか、またドライバー職を希望する求職者は「なにを基準」にして運送会社を選ぶのでしょうか。

運転者職場環境良好度認証制度(通称:ホワイト経営認証制度)

そのひとつの基準が、「ホワイト経営認証制度」ではないかと考えております。

ドライバーとしての就職を希望する求職者が就職先を選ぶ際や、荷主等が取引先を選ぶ際に参考にできる自動車運送事業者(トラック・バス・タクシー事業者)の労働条件や労働環境に関する認証制度を、国交省が創設します。(2019年度より創設予定)

正式名称は、運転者職場環境良好度認証制度。

認証項目を設け、達成状況に応じて、「一つ星」(上位50%)「二つ星」(上位25%)「三つ星」(上位12%)の3段階で認証されます。

「二つ星」と「三つ星」は、「一つ星」取得の翌年度から申請可能となるようです。

つまり、とても優良な企業であってもミシュランガイドの格付けのように、いきなり「三つ星」から取得することはできません。

すべての運送会社が、まずは「一つ星」の取得から目指すことになります。

ホワイト経営認証制度の認証項目は、以下の分野の項目で、認証項目ごとに必須項目と加点項目に分類されています。

  1. 法令順守等
  2. 労働時間・休日
  3. 心身の健康
  4. 安心安定
  5. 多様な人材の確保・育成
  6. 自主性・進性等

※詳しくは当法人サイトの認証項目をご参照ください。

「一つ星」の必須項目は、全部で22項目あります。

「法令違反をしていない」「行政処分を受けていない」といったところがメインとなります。

この法令には当然労働基準法も含まれるため、「労働時間の管理」、「残業代の正しい計算と支給」といった運送会社にとっては、少しハードルの高い内容も入っております。

さらには、必須項目をすべてクリアできても「一つ星」は取得できません。

加点項目でさらに9点取得する必要があります。

加点項目一つにつき2点満点となります。つまり加点項目を5つ以上クリアすれば、「一つ星」を取得することができます。

「一つ星」取得には労働法や道路運送法、貨物自動車運送事業法を遵守しつつ、従業員のために良い制度や取組をいくつか導入してあげるというイメージでしょうか

ホワイト経営認証取得のメリット

ホワイト経営認証を取得する最大にメリットは、第三者である認証実施団体が自社の働きやすさや取組状況を求職者に対し、中立的な立場で、客観的評価として示してくれることです。

つまり自社で「ホワイト企業ですよ」とアピールするよりも、第三者が「ホワイト企業ですよ」と認めてくれるので、求職者にとっても安心して応募できる企業とみられるでしょう。

さらに認証を受けたインセンティブ措置として、求人票への記載も検討されているようです。

採用において、大きなアドバンテージを得ることは間違いないと思います。

「なかなか採用できない」とお悩みの運送会社様は、ホワイト経営認証の取得を目指してみてはいかがでしょう。

まずは、「一つ星」の必須項目から確認してみてください。

ホワイト経営認証の認証項目についてご不明な点やお困りの点があれば、トラバスがサポートいたします。

blog_banner_mail blog_banner